ホームヘルパー講座について

ホームヘルパー講座は、ホームヘルパー2級の資格取得を目指すことがスタートです。ホームヘルパー1級資格は、2級に合格しなければ受験資格が与えられません。

そのためホームヘルパー講座では、初心者から、1級取得を目指す上級者まで幅広く学ぶことのできるプログラムを用意しています。

国が定めるホームヘルパー講座の研修132時間修了すれば取得可能で、試験を受験するわけではありません。

そのため比較的取得しやすい資格のように実務に関してもさまざまなことを学ぶ必要があり、決して簡単に取得できるわけではありません。

高齢化に伴いホームヘルパーの需要は高く、資格を取得すれば即実践的に働くことが可能になります。

ホームヘルパー講座を修了することが必須条件となっています。

ホームヘルパー講座は、介護の知識と方法・高齢者との接し方や社会福祉制度などが学習内容となっており、実践的な知識と技術を学ぶことができます。

ホームヘルパーには3級の資格もありますが、3級は50時間の講習で取得することが可能であるため、ホームヘルパー講座では2級取得から人が多いです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。