医療事務講座について

医療事務講座では、厚生労働省が認可している「診療報酬事務能力認定試験」や「メディカルクラーク」。資格取得を目指したプログラムが用意されています。

再就職先として人気のある医療事務は、採用条件として医療事務講座を修了していることや、資格取得者であることが条件である場合があるため、医療事務講座で基礎や専門的な知識を学ぶことが、医療事務に就くための第一歩ともいえます。

一方で、実務経験を重視する病院や施設も増加傾向にありますが、スタートとして医療事務講座で学んだ知識は、実務を積んでいく過程で役割を果たします。

事務職とは知識と実務経験が職種であるだけに、独学で学び、資格を取得することは困難を極めます。

医療事務講座では、医療保険制度や接遇マニュアル・基本的な医学知識や関係法規など、まったく初心者でもわかりやすく、より効果的に習得できるようにサポートしています。

医療事務講座修了後、即病院などに就職できるわけではありませんが、医療事務についての知識がことは、就職活動や上で、より有利に働くことは間違いありません。
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 15:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。