日本語教師養成講座について

日本語教師というのご存知でしょうか?日本語教師とはとおり、日本語を教える為の教師です。

日本語を使えない若者や、挨拶などの基本的な事柄をレクチャーする為にも日本語教師が必要となっている場合がといわれています。

このように日本語教育に関する関心は年々高まっていっており、日本語教師を取り巻く環境や状況はここ数年で今までに変化を見せています。

日本語教師の需要が高まるという事は同じように日本語教師を育成する為の日本語教師養成講座や日本語教師養成講座学校などの需要も年々高まってきております。

現在では、日本語を教える為の日本語教師になるために必ず必要とされる資格というものは公的には一切定められていないのが現状となっています。

絶対にこの試験を限り受からないという養成講座、教育免除のような物を必ず取得しなければならないなどという事はおります。

実際に日本語を教える為に養成講座などに通わずに教える事はほとんどの場合無く、養成講座を終了した際の養成講座終了免除が必要になってくる場合もといわれています。

コピック講座について

コピックとはアルコール系のカラーマーカーのことで、コピック講座ではそれらを使用し、イラストに色を塗るためのコピックの使い方や特徴などの基礎を学ぶことができます。

発色や滲み具合は、他のマーカーとは違い独特の効果があります。

そのためコピック専門でイラストを書く人も増え、コピック講座も認知されてきました。

コピック講座では、コピックの基本や塗り方などを習得し、よりイメージに近いイラストに仕上げることができるように指導していきます。

ためには、コピック講座での基礎で、コピックの使い方について学ばなければなりません。

種類も豊富で、コピックスケッチは全322色。

コピックチャオは全144色とバリエーションに富んでいます。

シワになることがなく、またインクの補充もできます。
用途が高くなりますが、一方慣れないうちは塗り方が難しいため、塗りムラができたりと苦戦する人も多いです。

コピック講座では、まったくコピックに触ったことのない初心者から、上級テクニックを学びたい人まで、さまざまなニーズに合ったプログラムを用意しています。

コツは、コピックの用途や種類・紙質によっても異なりますが、コピック講座では実践的に使える基本を学ぶことができます。

ホームヘルパー講座について

ホームヘルパー講座は、ホームヘルパー2級の資格取得を目指すことがスタートです。ホームヘルパー1級資格は、2級に合格しなければ受験資格が与えられません。

そのためホームヘルパー講座では、初心者から、1級取得を目指す上級者まで幅広く学ぶことのできるプログラムを用意しています。

国が定めるホームヘルパー講座の研修132時間修了すれば取得可能で、試験を受験するわけではありません。

そのため比較的取得しやすい資格のように実務に関してもさまざまなことを学ぶ必要があり、決して簡単に取得できるわけではありません。

高齢化に伴いホームヘルパーの需要は高く、資格を取得すれば即実践的に働くことが可能になります。

ホームヘルパー講座を修了することが必須条件となっています。

ホームヘルパー講座は、介護の知識と方法・高齢者との接し方や社会福祉制度などが学習内容となっており、実践的な知識と技術を学ぶことができます。

ホームヘルパーには3級の資格もありますが、3級は50時間の講習で取得することが可能であるため、ホームヘルパー講座では2級取得から人が多いです。

教育訓練講座について

就職や転職を目的とした能力開発のために教育訓練講座を受講する人が増えています。主体的な取組みを支援し、安定と再就職の促進を図ることを雇用保険の給付制度として、教育訓練給付制度というものがあります。

雇用保険の一般被保険者または、が指定する教育訓練を受講し終了した場合に、教育訓練施設に支払った40%に相当する額がハローワークから支給されます。

教育訓練給付制度では、情報処理技術者資格、簿記検定、社会保険労務士資格などをめざす講座や、認定を受けているホワイトカラーの専門的知識・能力の向上に役立つ講座など、働く人の職業能力アップを支援する多彩な講座が指定されています。

ビジネスキャリア制度では、修了者や実務経験者の専門知識の習得度を客観的に評価するため、ビジネス・キャリア・ユニット試験、ビジネス・キャリア・マスター試験(ホワイトカラー職務能力評価試験)を実施しています。

講座や試験内容は、『厚生労働大臣指定教育訓練講座一覧』にまとめられており、お近くの ハローワークで閲覧することができます。

医療事務講座について

医療事務講座では、厚生労働省が認可している「診療報酬事務能力認定試験」や「メディカルクラーク」。資格取得を目指したプログラムが用意されています。

再就職先として人気のある医療事務は、採用条件として医療事務講座を修了していることや、資格取得者であることが条件である場合があるため、医療事務講座で基礎や専門的な知識を学ぶことが、医療事務に就くための第一歩ともいえます。

一方で、実務経験を重視する病院や施設も増加傾向にありますが、スタートとして医療事務講座で学んだ知識は、実務を積んでいく過程で役割を果たします。

事務職とは知識と実務経験が職種であるだけに、独学で学び、資格を取得することは困難を極めます。

医療事務講座では、医療保険制度や接遇マニュアル・基本的な医学知識や関係法規など、まったく初心者でもわかりやすく、より効果的に習得できるようにサポートしています。

医療事務講座修了後、即病院などに就職できるわけではありませんが、医療事務についての知識がことは、就職活動や上で、より有利に働くことは間違いありません。

俳句講座について

俳句講座では、俳句に興味を持った初心者の基礎から俳句の楽しみを感じることのできる上級者まで、さまざまなカリキュラムを用意しています。

俳句講座では俳句の基礎として、季語や俳句の約束事を学び、応用として表現のテクニックなどを習得します。

俳句は、生活の中で感じたことを17音で表現する最も短い日本の詩です。

季語が必要のない川柳に対し、俳句ではさまざまなルールや技法が存在するため、本格的な俳句を詠むためには、俳句講座での基礎が大切になってきます。

最近では俳句のイベントも催され、さまざまな角度から新しい俳句が生まれています。

俳人として活躍できるわけではありません。

税理士講座について

税理士を目指すために税理士講座では、さまざまな学習レベルに合わせたかリュキュラムを用意しています。

簿記論・財務諸表論・税法などの会計学の基礎から応用まで、徹底的にマスターすることができます。

税理士の試験科目を独学で学ぶことは大変難しく、税理士講座では、初めて受験する人から上級者まで、多様なプログラムで学ぶことができます。

税理士試験の科目は、必須科目・選択必須科目・選択科目と3つに分かれており、必須科目2科目、選択必須科目1科目、選択科目3科目の合計5科目を受験します。

選択科目は、相続税法や所得税法などの7つの税法から受験します。

科目合格が必須ではないため、税理士講座でペースに学び、受験することが可能です。
科目については永久に有効となります。

税理士講座では、税理士の仕事に初心者から、科目受験を目指す人まで幅広くカバーしています。
エキスパートである税理士になるための門戸は狭く、初心者が税理士試験に合格するには、スケジュールを組み、税理士講座で1科目ずつ確実に学ぶことが合格への第一歩となります。

toeic講座について

toeicとは英語による評価する世界共通のテストです。点数によって、昇進・昇給などが影響を及ぼす場合もあります。

そのためtoeic講座を利用するビジネスマンも年々増加傾向にあります。

toeic講座は、テストにリスニング・グラマー・リーディングのスキルを習得し、英語力を身につけることができるようなレッスンから、不得意な発音を徹底的に練習できる。

受験者が、英語圏の大学や大学院へ就学するための英語力評価に使われるtofilテストとはtoeictテストは、日本人の受験者の割合が高く、toeic講座では万膳の態勢でテストに挑めるようサポートしています。

toeic講座のスキルアップしましょう。

韓国語講座について

韓国語はハングル文字で構成されているため、とても難しいイメージがありますが、韓国語講座ではハングル文字での文法やレッスンを行います。

韓国語講座では、韓流ブームで韓国語に興味を持った初心者の人から、基礎が終わった上級者までさまざまな人をカバーします。

ハングル文字は、ローマ字のように音を表す文字として使われます。

ハングル文字は母音が10個。

子音が14個で構成されています。

韓国語講座では、ハングル文字の基礎からじっくりレベルに合わせたカリキュラムで、楽しく韓国語をマスターすることができます。

ハングルとは、朝鮮語で「大いなる文字」という意味を500年前に大王が、学者に作らせた比較的新しい文字です。

このハングルも文字が作られるまでは、漢字が使われていました。

韓国語講座をとおして、韓国の文化や歴史を知ることもできます。

韓国語講座では、基本的なハングル文字をマスターすると同時に正しい発音や文法を習得し、より効果的に韓国語を学ぶことができます。

韓国語講座を修了したら、韓国で成果を試してみましょう。

中国語講座について

中国語講座は、発音・会話・文法などを楽しく学べるようなカリキュラムになっています。

中国語講座では、中国語を知らない人や、興味があっても勉強することへの第一歩を踏み出すことができない人へ、初めてでも軽い気持ちで中国語に触れ合うことができるように、簡単な言葉からスタートできます。

そういった意味では、中国語は日本人にとって身近なといえます。

中国語講座で学んでいると、日本語と中国語で同じ漢字を使用していても、意味の違うものに出会います。

中国語のおもしろさを味わうことができます。

中国語講座を修了したら、中国への旅行や留学などを中国語の習得レベルを試すというのも上達への第一歩となるでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。